浸透探傷検査(PT検査)

浸透探傷試験とは

浸透探傷検査(PT検査)

浸透探傷試験とは、赤色や蛍光の浸透性のよい検査液を用いて、表面の割れやキズ、ブローホールなどを検出する非破壊検査方法です。

表面に開口したクラック(きず)であれば、検出できるため広く利用されている方法です。
浸透液の色(観察条件)と浸透液の除去方法により、次の種類があります。

浸透探傷試験の種類

浸透探傷試験の種類 試験の特徴
溶剤除去性染色浸透探傷試験
(最も広く採用されている方法)
赤色浸透液を除去液で拭取る方法で、部分検査に最適です。
明るいところで検査できるため、電気、水洗設備なども不要で、現場検査でも最適な方法です。
水洗性蛍光浸透探傷試験
(自動探傷に最適)
蛍光浸透液を水洗除去する方法です。
大型検査物、表面の形状の複雑な検査物、量産部品の自動探傷に適しています。
後乳化性蛍光浸透探傷試験 航空機部品などの一部で使用されています。
溶剤除去性蛍光浸透探傷試験 蛍光浸透液を除去液で拭取る方法です。微細なきずの部分探傷に最適です。
水洗性染色浸透探傷試験 赤色浸透液を水洗除去する方法で、大型検査物、表面の粗い検査物に適しています。

溶剤除去性染色浸透探傷試験 検査状況写真(工程写真)

前処理

前処理

浸透処理

浸透処理

洗浄処理

洗浄処理

現像処理

現像処理(観察)

欠陥の事例

各種非破壊検査・超音波検査に
関するご相談&お問い合わせは

tel:055-927-3600

Webからのお問い合わせ

Facebook

Instagram