各種検査

当社はこれまで、他社様では出来なかった案件や、非常に難易度の高い検査依頼も数多くこなしてまいりました。
豊富な実績を誇る弊社の検査のプロフェッショナルが、お客様のお悩みを解決するために全力でお調べ致します。
他社様で断られた案件でも、まずはご相談ください。

超音波探傷検査(UT検査)

超音波振動を物体に入射させ、金属の溶接部、鍛造品などの内部の状況確認などをします。

詳しくはこちら

浸透探傷試験(PT検査)

超表面に開口しているきずを、毛管現象及び知覚現象を利用して、知覚する方法です。

詳しくはこちら

外観検査(VT検査)

溶接部の外観検査を各規格に沿って調べる検査法。ファイバースコープを用いり配管の中なども行う事も出来ます。

詳しくはこちら

ガードレール根入れ長測定

銅製防護柵(ガードレール)の出来形管理対策。弾性波により非破壊検査を行います。

詳しくはこちら

ポンプ車

コンクリートポンプ車超音波探傷

コンクリートポンプ車により、溶接止端部等に発生する裂の有無を検査・判定します。

詳しくはこちら

超音波探傷検査(材料・鍛鋼品検査)

超音波を利用し、鋼及び鍛鋼品の内部確認や材料の内部確認を容易に発見、確認します。

詳しくはこちら

開先・組立検査

建築鉄骨の溶接前の開先状況の確認を行い、要求された品質を満たす溶接施工が行えるように検査します。

詳しくはこちら

放射線浸透試験(RT検査)

試験体に放射線を照射し、きずや内部構造などを調べる放射線(X線)浸透試験を行います。

詳しくはこちら

磁粉探傷試験(MT検査)

目視では発見が困難な微細なきずを磁粉(磁力)により拡大し犬種る可能にする方法です。

詳しくはこちら

圧接2

鉄筋継手部検査(圧接)

鉄筋の継手部等を超音波検査で探傷する検査です。外観検査は、各基準に則り全数検査します。

詳しくはこちら

アンカーボルト長さ測定

超音波によるアンカーボルトの定着長測定は、超音波探傷器ではアンカーボルトの全長を測定した数値が画面上に表示されます。

詳しくはこちら

鉄筋配筋探査

コンクリート壁等の改修工事の際、事前にX線(レントゲン)やレーダ(電磁波)を駆使した装置を使用し、コンクリート内部の状況を確認します。

詳しくはこちら

耐震診断業務

レーダーやX線を用いて、鉄骨溶接部やコンクリート中の鉄筋を調査し、耐震性を調査します。

詳しくはこちら

超音波探傷検査の仕組 MOVIE

CONTACT お問い合わせ

どんな些細なお悩み・ご質問でもお気軽にご連絡ください。