アンカーボルト
長さ測定

ABOUTアンカーボルト長さ測定とは

平成15年11月に国土交通省は、道路における落橋防止装置等のアンカーボルト定着長さ調査結果(超音波法による長さ測定)から定着不足があることが明らかになり、発生防止のためにアンカーボルト全数に対して超音波測定を義務付けました。

その際に、国土交通省は「超音波パルス反射法によるアンカーボルト長さ測定要領」(案)を各地方整備局などに通知し、それに基づく測定を超音波測定に精通した第三者機関による測定を求めています。

一般に、超音波法によって棒状のものの長さを精度よく測定することは、ある程度の超音波法に対する知識とデジタル超音波探傷器を用いれば容易と考えられがちですが、測定を行うと必ずしも容易でない場合が少なくありません。

超音波法による
アンカーボルト長さ測定

CONTACT お問い合わせ

どんな些細なお悩み・ご質問でもお気軽にご連絡ください。