磁粉探傷試験(MT検査)

磁粉探傷試験(MT検査)とは

目視では発見が困難な微細な傷を磁粉(磁力)により拡大し検出可能にする検査方法です。

鋼鉄材料等の強磁性体を磁化することで、実際の数倍から数十倍の幅のきずによる磁粉模様ができることから、目視での確認が確実となります。

溶接部の表面欠陥や、製造中の部品・機器・構造物等の探傷に適用される方法で、特に表面開口・欠陥に対して有効な試験方法です。

  • 溶接部の表面探傷
  • 強磁性素材の表面探傷
  • 強磁性体構造物の表面探傷
  • 強磁性体機械部品の表面探傷

各種非破壊検査・超音波検査に
関するご相談&お問い合わせは

tel:055-927-3600

Webからのお問い合わせ

Facebook

Instagram