ガードレール根入れ長測定

ガードレール根入れ長測定とは

ガードレール根入れ長測定

平成22年3月に国土交通省より、鋼製防護柵(ガードレール・ガードパイプ)の出来形管理対策として、弾性波による非破壊検査(根入れ長測定)が適用されました。

この測定により、従来のビデオ撮影による出来形管理の手間が省けるとともに、請負者以外による第三者検査が実施されることで、防護柵の根入れ長が適正に確保されているかが、容易に確認することが出来ます。

各種非破壊検査・超音波検査に
関するご相談&お問い合わせは

tel:055-927-3600

Webからのお問い合わせ

Facebook

Instagram